【バクチャー】水槽用バクチャー(淡水用60L用)熱帯魚・金魚最大1年間水換え不要水槽・アクアリウム カルキ抜き不要

   

■設置方法 「バクチャー」が常に流水に接するようにフィルター部分にセットしてください。

上部フィルターをお勧めしていますが、その他フィルターでもご使用できます。

※袋に残った黒い粉末は水によく混ぜてから水槽内に投入して下さい。

(投入直後は多少水が黒くなりますが、翌日には元に戻ります。

) ※水質浄化活性石バクチャーは水槽の大きさではなく、水量でご確認下さい。

水量に応じて複数個設置してください。

淡水用バクチャー=水量60L仕様 (例:水量120Lの場合2個) ※30リットル以下には使用できません 海水用バクチャー=水量60L仕様 (例:水量120Lの場合2個) ※30リットル以下には使用できません バクチャー20=水量20L仕様(淡水用) (例:水量40Lの場合2個) ※10リットル以下には使用できません ※新規に水槽を設置する場合と、すでに水槽を設置している場合では使用方法が異なりますのでご注意ください。

◇水槽を新しく設置する場合◇ ※新しい水槽・ろ材・床材は、添加物が付着していますので、水道水で十分洗浄してご使用下さい。

水槽をセットして「バクチャー」を水流のよく接触する所に設置後、生体を入れずに1週間位(海水の場合は2週間)運転して下さい。

(光沢のある水に変化してきます。

変化しない場合、添加物が付着している可能性がありますので2/3程度新しい水に入れ換えて、運転してください。

) その後生体を入れ、3日間は餌を与えないでください。

※生体を入れる場合は、充分な水合わせをしてから最初に2〜3匹入れ様子を見て下さい。

※3日間は目安です。

水槽の状況・水質によってその期間も変わりますので、魚臭の無い光沢のある水に変化するまでは絶対に餌を与えないでください。

(この期間は微生物が繁殖し活発に活動を始めるための大切な期間です。

この期間をしっかり持つ事で浄化環境が整います。

) ◇すでに水槽を設置している場合◇ フィルターやろ材・床砂の掃除をしっかりとして、水槽の水を2/3程度新しい水と交換してください。

(現在病気の生体がいる場合、又特に汚れがひどい場合は、フィルター以外の機材も掃除してください。

) 「バクチャー」を水流の良く当たる所に設置して、運転して下さい。

その後、魚臭の無い光沢のある水に変化するまで、約1週間程度、魚に餌を与えないでください。

※約1週間は目安です。

水槽の状況・水質によってその期間も変わりますので、魚臭の無い光沢のある水に変化するまで絶対に餌を与えないでください。

(この期間は微生物が繁殖し活発に活動を始めるための大切な期間です。

この期間をしっかり持つ事で浄化環境が整います。

) ※特に汚れた水にはアンモニアなどが多量に含まれていると思われます。

この様に汚れのひどい水は、「バクチャー」の効能で一気に亜硝酸・硝酸塩に変化するため、生体に悪影響を与える場合がありますので、水換え及びフィルターのろ材・床砂の掃除は十分に行ってから「バクチャー」を設置してください。

※運転後・ろ材・ポンプ等の周辺機材などの掃除不足のため濁った場合、再度1/2程度の水換えをして下さい。

「バクチャー」が立ち上がるまで数回水換えが必要になる場合があります。

  • 商品価格:3,240円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)